2016年10月26日水曜日

10月15・16日 丸盆岳東尾根~黒法師岳~前黒法師岳

日時:10月15日(土)~10月16日(日)

メンバー:CL高田,SL若月,大井,杉山,岩城,山本

行程:
15日:静岡=寸又峡温泉駐車場(4:45)-千頭ダム(6:50~7:10)-天地吊橋(7:35~7:55)-919mコル地点(9:00)-丸盆岳(14:00~14:40)-カモシカ平(15:00)
16日:カモシカ平(6:00)-等高尾根分岐(6:30)-黒法師岳(7:05~7:20)-ヘリポート跡(9:30~9:50)-前黒法師岳(11:15)-前黒法師岳登山口(14:00)-寸又峡温泉駐車場(14:40)

記録:
乾燥した空気や富士山雪化粧のニュースが流れたりと、冬が近づいているのを
感じるようになってきた。
読図力UPと冬山に向けた体力養成、そして何よりカモシカ平の素晴らしい景色を
見せたいと思い、このルートを選んだ。
寸又峡の渓谷美は帰りにおあずけ


千頭ダムのチンダル現象。美しいですな

コンクリートが水にえぐられてるのがよくわかる


寸又川左岸林道への分岐。近いうちにまた来ます
我らはダム湖左岸の林道を更に行きます。

突如地形図にない隧道が現れるが…

中はこの通り水浸し。
河原に降り、隧道部分を回避する。
渡渉もなく簡単に隧道出口部に戻れた。

天地吊橋

山本。ここは一人ずつ。

板は朽ちている。この吊り橋も近い将来使えなくなってしまうのだろうか。


















































































吊り橋を渡った対岸側は薄い踏み跡が続いてる。
数十メートルつづら折りに登った後は919mコルに向かってトラバース。結構な傾斜。
ちなみに行きのTopは山本。地形図と薄い踏み跡を頼りに頑張ってルーファイ。
トラバース中

タマゴダケ!中身が有るもの初めて見た!





















ぴったり919mコルへ出る。お見事。
尾根に乗ってしまえばこっちのもの。尾根の角度が変わるところでは
整置し直し、コンパスのメモリー機能を利用して方角維持する。
1448mピーク手前の船窪地形は地形図で見るより手前から始まっている。
10m以下の小地形が地形図に現れないということを体感。
船窪地形内





















展望がなく単調な尾根をひたすら登る。
そうこうしていると少しずつ笹が出てきて、少しひらけたり。
いやぁ天気最高!

大井。本格的な藪漕ぎスタート

元気の良い笹に苦しめられる




























































尾根が広いので方角を確認しつつ獣道があるところは道をお借りしつつ、
頂上を目指していく。山本は寝不足がたたりばてる。

あと少しが長い

あの恐ろしい鎌崩を望む

丸盆岳到着!!一番好きな山です。


画期的下山方法『藪版尻セード』を発明!(笑)


幕営地まであと少しだがここで30分程昼寝

へばっても元気な1年生と杉山、大井

カモシカ平、黒法師を望む



本日の幕営地。

日が沈む

夕陽に照らされる丸盆

深南部といったら焚火!焼き芋、ウインナー、マシュマロを焼きつつ
チーズinキムチ鍋を食らう。美味美味!カロリーもよく摂れる。

夜明け。富士山が浮かび上がる

予定時間通り出発。
曇りという予想に反して快晴。

朝は霜が降りる寒さでした。冬が近づいてるね

黒法師岳

黒法師って名前がかっこいい。



























































































































































































黒法師岳から寸又峡温泉方面へ。
黒法師岳~ヘリポート跡間は踏み跡が薄く、テープ類も少ないため
整置で随時方向を確認する。今日のTopは岩城。
どこを歩いてもいい。それも深南部の醍醐味

前黒法師。季節の移ろいが感じられるいい1枚

ヘリポート跡。気持ちいいところです。





















ヘリポート跡からしばらくはそのまま旧南赤石林道を進む。
コルから再び尾根に乗る。
前黒法師岳。この団子標識はどこの組織が管理しているんだろう

前黒法師岳より先はよく歩かれている上に、うるさい程にテープがある。
長い長い下山。
寸又峡に降りると観光客がいっぱい。川根茶ソフトを食べ帰路へ

まとめ:
1年生にとっては初の深南部。楽しんでくれたようでよかった。
今後SLを務める上でも大切なルーファイを鍛えるため、1年2人にTopを任せた。
ポイント(尾根の方向が変化する場所etc)での確認ができているかについて特に
うるさく言ったつもりである。この点は今後もよく気にしてほしい。
本人達も藪山でのルーファイの難しさをそれぞれ感じてくれたと思う。
読図作業は今後も丁寧にやっていこう。
ルート


(文:高田)

0 件のコメント:

コメントを投稿